地球と宇宙の食の課題解決を目指す共創プログラム「SPACE FOODSPHERE」に参画

株式会社TOWING(本社:愛知県名古屋市、社長:西田宏平)は、一般社団法人SPACE FOODSPHEREが実施する「SPACE FOODSPHERE」プログラムに参画し、地球と宇宙における「資源循環型栽培システム」の開発を推進することをお知らせします。

一般社団法人SPACE FOODSPHEREプレスリリース(PR TIMES):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000060903.html

【SPACE FOODSPHEREについて】

SPACE FOODSPHEREプログラムは、地球と宇宙の共通課題である「食」の課題解決を目指す共創プログラムです。リアルテックホールディングスやJAXAらが主導し、多種多様な40以上の企業、大学、研究機関等のキーマン、プロフェッショナルが集い、分野横断的、かつ有機的な連携による研究開発や事業創出に向けた活動を推進しています。詳しくは、以下プレスリリース、ウェブサイト、YouTubeチャンネル等をご参照ください。

◼︎プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000036405.html

◼︎ウェブサイト:https://spacefoodsphere.jp/

◼︎Facebookページ:https://www.facebook.com/spacefoodsphere/

◼︎YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCMTsXSuvhn3WI02V7skEauw

【TOWINGについて】

TOWINGは、宇宙ビジネスアイディアコンテストS-Booster2019(2019年11月25日)のファイナリストが、宇宙農業の実現と地球農業の発展を目指して立ち上げた会社です。SPACE FOODSPHEREの掲げる、地球と宇宙の共通課題としての「食」に対して、「資源循環型栽培システム」の開発により、貢献していきます。

図1. SPACE FOODSPHEREの概念図

図2. 超長期シナリオ

株式会社TOWING Facebookページ:https://www.facebook.com/towing.sorano